ペルージャ外人大学 Perugia Universita per Stranieri/01

画像 405

国立大学でまずイタリアに留学する人や駐在員がここで語学を勉強するのです。
最近ではサッカーの中田選手が最初に移籍したチームで名前が知られましたが。
日本人も多いですが何しろ外人大学ですから世界中の学生が集まってきています。
だれか日本人が「世界の美男美女が集まってる」って言ってましたがそれは確かです。 
私は7,8,9月の3ヶ月コースに行きましたが夏休みで世界からの学生で一番多い時期です。もちろん何年もいろんなコースを勉強する課程もありますよ。

実は日本を出たのは5月。以前に訪れたパリがどうしても数日では見られなくて今回は1ヶ月滞在しました。安ホテルで6階までしかエレベーターがなく階段でもう一階上がった7階のまさに屋根裏部屋、天井が斜めになっている部屋。でも窓を開けるとノートルダム寺院が近くに見えて日当たりがいい部屋でした。1ヶ月間思いっきりパリの観光をして目的のミラノに入ったのですがどうしてもパリの街に比べると暗くて失望した印象があった。それで気分転換にまたモナコ、ニース、カンヌ、と遊びに行ってぎりぎりまで帰って来れなかった。ここで初めて公の場でトップレスの女性が日光浴しているのを見たから、、、カンヌでは男女入り混じってビーチバレーまでしてましたよ、、、トップレスで、、公の海岸で、、、( 住んでみるとヨーロッパはどこでもこうでした。ヌーディストビーチも結構ありました。慣れてしまうと当たり前の光景になる。)

さて話はペルージャに戻しますが、、楽しかった2ヶ月間でしたがここはもっとすばらしくどうして早く来なかったのかと思ったくらいです。まず街は高台にあり中世そのままの街並みで坂道ばかりで入り組んでいて今まで経験したことがないおとぎの国に来た印象でした。イタリア中部にあり見渡すかぎり周りは平坦なのどかな平野が広がっています。古い町を残し新しいペルージャの町は下に創られている。これはイタリアではあちこちで見られた風景です。

夏の3ヶ月コースは一番学生が多く、まず大学に行って入学手続きをしなくてはいけないのですが朝から並んで手続きをした。それから学生課のようなところで下宿先を紹介してもらえる。これでやっと駅に預けていたカバンを取りに行ける。本屋に教科書を買いに行ったりとして少しずつ準備をしていく。ミラノ工科大学に手続きに行った時にもここの経験が役に立った。大学の規模や町の大きさは違ったが、、、、
  
スポンサーサイト
08:51 | イタリアの話 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
国立ペルージャ外人大学 Perugia Universita per Stranieri/02 | top | ミュンヘン

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://nobu3197.blog49.fc2.com/tb.php/117-379dbc68