SICILIA-02

画像 482
私のミニ車内に4人乗り、それでも楽しいシチリア島のドライブ

画像 481
画像 480
画像 478

定番の仮想パーティー・ 男たちも頑張りますね!


夜のうちに連絡を取ったのだが彼女はTRAPANI郊外の海沿いの小さなバカンス村に居るとのことで高速道路出口で待ち合わせのメッセージを残した。これでうまく連絡が取れて会えるのだろうか?心配しながら翌朝パレルモを発った。
高速道路はまさにガラガラ、私だけ状態、、、ノンビリし過ぎて出口を通り越してしまった。しばらく走って適当なところを探して(なかなか見つからなかったのだが)  Uターン、そのときに限って一台の車が走ってきてクラクションを鳴らされた。約束の時間より随分遅れて出口に行ったのだが彼女と少女(高校生ぐらい)がミニバイクでビキニ姿で待っていた。ここはもうバカンス村近く。ビキニ姿の二人乗りミニバイクも許されます。 2週間近くの楽しいバカンスが始まります。
TRAPANIも海沿いの小さな町でここでも十分のどかな休暇が過ごせるのに車で
30分ぐらいのこの村にバカンスのための家を持ち一ヶ月のバカンスを過ごせる、
こんなイタリアでも端っこの田舎の幼稚園の保母さんしていて!!!
最近札幌市でサマータイムを実験的に取り入れてますが、アホらしくて話にならない。まずきっかけは経済効果、バカか! サマータイムとバカンスはセットで勤労者のために在るべく姿。先進国ではね!!(ちょっと乱暴な言い方でした)
この名も無いバカンス村では20~30軒ぐらいか、家族や親戚なんか集まって使っているようだが結構人は多い。男女、年齢、の区別が日本より無い国ですから
子供から大人、お年寄りまで一緒になって遊べる。ファッションも親子で共有してもおかしくないデザインのものを着ていますからね。
やはり一番大きな家に人が集まるのか連夜私も呼ばれてパーティーなど楽しみました。ご主人はこのシチリアにガソリンを供給する会社のオーナーらしい。
姪の大学生 Tizianaとも結構あちこち案内してもらった。モーターボートに乗せてもらってEgadi島巡りをしたり、海に入ってウニを取ったり、夕方からテニスをしたり、、、
「私の家にテニスコートがあるからやりましょう」と誘われていったところがVilla風、
お屋敷、大きなお庭の一部にテニスコートがあった。ミラノに居たときは南部は貧しいからと聞かされていたのにこんな片田舎にも、、、
近くのお城の遺跡が残っているErice山にも行った。真夏のシチリアで次の日にウールのセーターを買いに行った。
まだ肌が日焼けしていないので夜は涼しいし、山では寒い。
次に続く
スポンサーサイト
09:28 | イタリアの話 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
SICILIA-03 | top | SICILIA -01 (シチリア島のバカンス)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://nobu3197.blog49.fc2.com/tb.php/122-872b524a