Verona

画像 611
画像 614
画像 608
さてVeronaです。もちろん「ロミオとジュリエット」が有名です。ジュリエットの家やお墓がありますが観てもいいし、見なくてもいいし、、、やはりArena野外劇場です。シーズンが合えばぜひ出し物は何でもいいですから鑑賞する価値はあります。まあ夏だと9:00ごろ開演ですからそのつもりで。夜中に夜行電車でミラノに帰ってきた日本人の友人がいましたが車内で寝ている間にカメラを盗まれました。
この野外劇場の周りにはイスを外に並べたカフェーがいくつもあります。私もその一つでゆっくりしていました。2~3軒向こうのカフェに見たような女性が座っていますが金髪ですからみんな似たように見えます。しばらく観ていると向こうもしきりにこちらを見ていますので勇気を出して立って近寄っていきました。やはりマヌエッラでした。一年前にペルージャ外人大学で一緒にイタリア語を勉強したドイツ人でした。
彼女もベローナまで観光に来たそうです。一年ぶりですが白人は早く大人顔になるみたいで少し老けて(いえいえ美人に)見えたのが印象です。まだ大学生なのに。これをきっかけに彼女とはずいぶん親しくなり今でも絵葉書は来ます。先月は毎年スキーに行っているサンモリッツから便りが来ていました。仕事は観光ガイドです。ミュンヘンからドイツ人観光客を乗せてイタリアに来ます。観光ガイドといってもイタリア美術史専門です。それにしてもサンモリッツで2週間のスキーバカンス、毎年ですからね、、、
VeronaからVeneziaまでは田園風景が広がっていてそれはのどかないい風景です。そののどかな風景に佇むすばらしい建築。印象に残るのはやはり中世を代表する建築家Andrea Palladio。この地域に彼の建築が多く残っています。400年前の建物です。Vicenza, Padova, Venezia、を舞台に活躍しました。
代表作 Villa Capra < La Rotunda > を観たときは気持ちがすっきりするというかシャキットするというか美しさに感動した。TrevisoのVilla Barbaro、VicenzaのTeatro Olimpico、この劇場にはある仕掛けがしてあることで有名ですが、敷地に奥行きがなく舞台に遠近法を立体造形して作ってあるのです。
(後ろのAndrea Palladioのぺージをご参考に)
スポンサーサイト
10:04 | イタリアの話 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Andrea Palladio | top | Milan-Verona-Venezia

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://nobu3197.blog49.fc2.com/tb.php/130-47e02f12